男性から「結婚はないな」と思われてしまう?金遣いが荒らそうな女性の特徴

HAIR

2017年10月13日 21時00分


ブランド品ばかり身につける

'399'

仕事を頑張った自分へのご褒美にと、購入する人もいるでしょう。
ひとつかふたつなら許容範囲だけど、全身ブランド品ばかりとなると男性は金遣いが心配になるようです。
特に新作が発表されるごとに買っている人は要注意。
高価なブランド品を何個も購入していると、計画性がない人に思われることも。
ハイブランドの憧れのアイテムを大人になったら持ちたい!と思ってやっと手に入るようになった今、持てば持つほど男性は遠ざかっていくようです。

コンビニエンスストアを頻繁に利用する

'399'

男性は、女性の日頃の買い物シーンもよくチェックしています。
特に、コンビニエンスストアを利用する頻度には気をつけた方が良さそう。
スーパーで買えば安く済むのに、平気でコンビニエンスストアの割高な商品を買ってしまっていませんか?
値段を見比べず、便利で早い方を優先する姿勢は、男性に節約意識が低いという印象を与える結果に。
急いでいる場合でなくても、いつでもコンビニエンスストアで買うというのは改めた方が良さそうですね。

旅行や遠征によく出かける

'399'

休みが取れたら旅行に出かける、有給休暇を使って海外へ行くという行為は、金遣いの荒い女性の特徴ととらえる男性もいるようです。
また、好きなアーティストやアイドルのコンサートにお金を掛けすぎるのも注意が必要。
全国ツアーを何カ所もまわったり、グッズに高額なお金を使ったりすると、計画性のない女性と思われがち。
旅行やコンサートに行く分、食費や生活費などその他の部分をしっかりと節約していれば大丈夫なのですが、ただ単に娯楽にお金を注ぎ込むのは、貯金ができない女性として見られかねませんよ。

ネイルやサロンに月に何度も通う

'399'

キレイなヘアスタイルやネイルアートは、女性の気分を高めてくれます。
ただ、美容室やネイルサロンの施術費は決して安くはありません。
ビューティー情報にうとい男性でも、ある程度の値段をすることは知っています。
会う度にネイルが違っていたり、髪型を頻繁に変えたりする女性に、金銭感覚を疑う男性は多いようです。
サロンやネイル、エステなどは特に、良いサービスを求めれば求めるほど大きな出費に。
身だしなみのレベルをはるかに超える自分磨きは、男性には理解されないようです。

有料のラインスタンプをたくさん持っている

'399'

こんな細かいところを?と思うかもしれませんが、こういう部分をチェックしている男性は結構いるようです。
ひとつひとつはお手頃価格のスタンプでも、たくさん購入すれば、ちりも積もれば山となる結果に。
キャンペーンなど無料のスタンプも多い出回るなか、わざわざ有料のラインスタンプばかりを使う女性は、あまりいい印象に映らないようですね。
新しいスタンプが出るごとに次々と購入していると、新しいモノ好きとして見られ、家計が任せられないと感じるようです。

予定外のものをよく買う

'399'

いわゆる衝動買いですね。
靴を1足買う予定だったのに、他にも欲しい靴が見つかり、結局2、3足買って帰ったなんて経験ありませんか?そして自宅に戻ると同じような靴があっちにもこっちにも…。
いつも衝動買いばかりしていると、金遣いだけでなく、計画性もない女性に見られてしまいます。
たまの衝動買いなら許されますが、毎回余計なものまで買ってしまう姿に、男性はついて行けないと感じるかも。

生活スタイルを振り返って

男性は、女性が身につけているものや生活習慣から女性の金銭感覚を感じ取り、結婚できるかできないかまで判断しているようです。
結婚を望んでいるなら、まずは自分の生活スタイルを振り返ってみましょう。
お金の遣い方が変われば、男性からのお誘いも増えるかもしれませんよ。


HAIR

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

Recommended by

最新記事はここでチェック!

芸能写真ニュース

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。