【ディオール】ヒットパンプスができるまでの舞台裏

eltha

2017年09月17日 10時00分



パンプス「J’ADIOR」はレザー、ベルベット、ラムスキンなどの素材展開があり、ヒールの高さもロー、ミドル、ハイがそろう。


 ディオールの新アイコンシューズとして注目を集めているパンプス「J’ADIOR (ジャディオール)」の製作舞台裏に迫った動画が公開された。デザインスケッチから、同パンプスを印象づけるバックストラップのリボン製作工程、パーツの裁断など、“珠玉の1足”が生まれるまでを収めている。


日本女性の魅力を引き出すメイク


 見どころは、イタリア・フィレンツェにある家族経営のエンブロイダリー(刺繍)工房でのリボン作り。「J’ADIOR 」のロゴは、1本の黒糸で刺繍されているため、一文字ごとに手作業で切断する。その後、7万5000以上のステッチが施され、一足分の装飾で実に3時間半を費やしているという。アクセントとなる“結び”が手作業で仕上げられているのも新たな発見といえそう。



 昨年、「ヴァレンティノ」から同ブランドの新クリエイティブ・ディレクターに就任したマリア・グラツィア・キウリが、自身のデビューコレクション(2017年春夏コレクション)で発表したこともあり話題となったパンプス「J’ADIOR」。新生ディオールを象徴するアイテムの知られざる制作背景をうかがえる貴重ムービー、ぜひチェックして。

eltha

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

Recommended by

最新記事はここでチェック!

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。