【男の赤裸々本音】彼女からの「正直しんどい」浮気予防策3つ

anan

2017年08月24日 19時15分

イケメンの彼氏、モテる彼氏がいる女性は羨ましく見えるものですが、実際には彼氏の浮気が常に心配でしょうがないみたい。男性目線で「これはやりすぎだろ!」とドン引きしてしまった、浮気防止策について聞いてみました。

文・上岡史奈

女性のいる飲み会に出席禁止




「女性がいる飲み会に行くのはに絶対ダメ、と禁止されていますが、実はコッソリ行っています」(30歳/飲食店勤務)



「飲み会に参加する場合は、15分ごとにLINEを送るように義務付けられています」(26歳/アパレルメーカー勤務)


彼の行動が見えないとつい不安になるものですが、あまりにも束縛を激しくすると、彼もだんだん窮屈になってしまいます。


彼女が一方的に行動を制限するよりも、彼にも自ら“不安にさせない方法”を考えてもらったほうがいいですよ。


お金、お財布の管理




「同級生と飲むとウソをついて狙っている女の子とご飯に行ったら、その日泊まりに来た彼女に、女の勘なのか財布にあったレストランのレシートを見られちゃて。“2名”って書いてあったのでバレちゃいました。以来、クレジットカードの明細を毎月見せるように言われています」(29歳/公務員)


ほかにも、同棲中の彼氏が浮気できないよう、お小遣い制にしているという意見もありました。


自由にお金を使えないようにするのは浮気防止には効果的ですが、結婚もしていない間柄でやりすぎると彼に引かれてしまい、別れにつながる恐れもあるので要注意。


プロフィール写真やスマホの待受にツーショット写真




「Facebookのプロフィール画像をツーショット写真にさせられてるんですが、人にアカウントを教えたときに笑われるし恥ずかしいので正直やめたいです」(22歳/大学生)



「彼女とのキス写真を待ち受けにさせられてるんですが、それを見た上司から『お前、いい年してそれはないだろう。取引先に見られでもしたらうちの会社の恥になるんだ。付き合う女を間違えると、仕事にも差し障ることがあるから気をつけろ。そんな女と結婚でもしようものなら大変だぞ。』と思いっきり説教されてしまいました」(27歳/旅行会社勤務)


スマホの待ち受け画面って大きいので結構バッチリ見えちゃいますよね。


浮気防止効果はあっても、職場や取引先の人に見られて彼の出世に響くようなことがあったら2人の仲が悪くなってしまうかも……。浮気防止策は他人に知られない程度にしましょう。

(C) bbernard / Shutterstock

(C) Photographee.eu / Shutterstock

(C) Ivanko80 / Shutterstock

(C) Gladskikh Tatiana / Shutterstock
anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

Recommended by

最新記事はここでチェック!

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。