高確率で若者と被るMA-1はどう着る? 被っても恥ずかしくない大人の着こなしをマスター!

#CBK magazine

2017年10月12日 21時31分


カジュアル感が毎日の着こなしに取り入れやすく、若い子から大人女子まで大人気のMA-1。今やライトアウターの定番アイテムとなっています。

そんなMA-1は人気がゆえに、着て出かけた日は若い子と被ることも珍しくありません。若い子と同じアイテムを着て、同じ着こなしならちょっと恥ずかしいですよね。カジュアルアウターのMA-1は、きれいめなアイテムや女性らしい生地、ラインのものと合わせるのが大人の着こなし。

被っても堂々としていられるコーディネートをご紹介します!



オールブラックのひと役にMA-1。それぞれの生地感やアクセント小物、ヘアスタイルにこだわって



オールブラックでMA-1を着こなしたこちらのスナップ。同色コーデは生地の質感を変えて、のっぺり感を出さないのが鉄則です。ドレープ感のあるワイドパンツとリブTシャツでメリハリをつけ、MA-1でカジュアルダウン。ポイントになる小物でのアクセントには、ベージュのサッシュベルトとファー付きバッグでコーディネートに奥行きを持たせています。ヘアスタイルはすっきりまとめるとスマートな装いに。





カジュアル感の強いカーキMA-1はきちんと感を意識。スカーフでも光る大人の女性らしさ



甘めのベビーピンクのパンツとホワイトのリブニットに、カーキのMA-1で辛さを加えたコーディネート。首に巻いたスカーフが大人っぽいアクセントとなっています。ブラックよりカジュアル感のあるカーキのMA-1には、きちんと感のあるパンツときれいめな小物でまとめて。





MA-1との反対色で細見えを狙う。全体のバランス同様に小物でも足し算引き算を



女っぽいロング丈のタイトスカートが、カジュアルなMA-1を大人の着こなしに。ホワイトカラーで揃えた上下に羽織ったブラックのMA-1が、細身のIラインをつくってくれているのもポイントです。足元のスニーカーでカジュアル感を追加したら、フォーマルなかっちりしたバッグで小物でも全体のバランスを取って。





ベーシックカラーでつくるMA-1の大人マニッシュコーデ。細部に女っぽさもON



チェックのテーパードパンツとのマニッシュなコーディネートは、ベーシックカラーでまとめると大人らしい品のよさが際立ちます。インナーのシャツのVネックや足元のパンプスのように、レディライクな部分を加えるのを忘れずに。





時にはファスナーを閉めてキリっとコンパクトに。ふんわり感を抑えたMA-1コーデ



張り感がありボリュームの出るシルエットのスカートは、トップスをコンパクトに。ジャストサイズのMA-1のファスナーを閉めて、柔らかい印象のふんわりスカートを引き締めるのもおすすめです。袖をまくってこなれ感を出して着てもGOOD。



#CBK magazine

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

Recommended by

最新記事はここでチェック!

芸能写真ニュース

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。