ワイドパンツでも女らしく♡ 上品仕上げは「ベージュ」にお任せ!

#CBK magazine

2017年09月17日 20時31分


まだまだ人気が続きそうなワイドパンツ。でも着こなし方によってはどうしてもカジュアル感が強すぎたり、ルーズになってしまうことも。

そんなお悩みを持つ人は「ベージュ」を選んでみて。ワイドシルエットでも上品で大人っぽく決まりやすく、色の主張が強すぎないから野暮ったく見えにくいんです。


今回は、お出かけ服やオフィス服として使える「ベージュのワイドパンツ」コーデを紹介します。



知的なブルーシャツと合わせてワークシックに



知的に見えるブルーシャツとベージュワイドパンツを合わせればワークシックなスタイルに。シャツの抜き襟で女らしさをトッピング。ベージュは幅広いカラーと相性が良いので、気分やTPOでシャツのカラーを変えて遊んでみるのも楽しいですよ。



デコルテ見せで女らしさを倍増



シンプルだけど、ストンとした落ち感が優雅な印象のベージュワイドパンツ。トップスはブラックを選んで上半身をすっきりさせて。デコルテを広く覗かせるUネックが女らしさを光らせます。



ボーダーを女らしく着る、おしゃれパリジャン風スタイル



ベージュワイドパンツはボーダートップスと好相性♪ 大人世代はベージュの上品さを生かして、ヒールシューズとのコンビで女らしく着こなすのがおすすめ。バッグに取り入れた赤が女らしさをぐっと底上げしてくれます。



ドットと合わせてレトロレディに



最近おしゃれな人から支持を集めているドットアイテム。ベージュワイドパンツと合わせると、女性らしさは残しながらレトロなスパイスをプラスしてくれます。スナップのようなスーパーワイドシルエットは、特にドットと相性抜群。



ブラックでまとめて、シンプルをおしゃれに着こなす



ベージュワイドパンツをブラックでまとめあげたスタイル。誰でも簡単にできる失敗知らずのコーデは、大人っぽくシックな印象にしたいときに最適です。ポイントはシルバークラッチ。バッグに煌びやかさを取り入れて、ただのシンプルではないおしゃれな仕上がりに。



#CBK magazine

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

Recommended by

最新記事はここでチェック!

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。