石田祥子さんに学ぶ、シンプルシックな秋のモノトーンコーデ5選

#CBK magazine

2017年09月13日 23時31分


アラサー・アラフォー世代やママに大人気のファッショニスタ、石田祥子さん。シンプルながらもハイセンスな私服スナップは、大人が真似したくなるものばかりです。

中でも今回は石田さんのモノトーンコーデに注目。普通すぎておしゃれに見えなかったり、暗い印象になってしまったりと、簡単そうに見えて実は難易度の高いモノトーンコーデ。センス良く仕上げるコツを学んでいきましょう!



モノトーンが難しいと感じる方は、小物でカラーを1点投入



おしゃれにモノトーンを着こなしたつもりなのに、なぜか垢抜けない……。そんなモノトーンコーデ初心者さんは、バッグや靴などの小物にだけカラーを置くテクニックで切り抜けましょう。

こちらのスナップも、旬のマスタードカラーをバッグで1点投入することでコーデの鮮度をUP。ベーシックなカジュアルコーデが、トレンドも押さえた着こなしに格上げされています。




モードな気分が高まるクールドレッシーコーデ



総レースがドレッシーなトップスは、タイトな黒スキニーで引き締めるのが石田さん流。サンダルやバッグもブラックに統一することで、繊細なレースの存在感をより際立たせています。

甘口アイテムをクール&モードに着こなすところに、大人ならではの余裕を感じるコーデですね。





ホワイトスニーカーがアクセント! タイトなブラックコーデ



こちらも石田さんらしいシャープなブラックコーデ。ホワイトスニーカーがコーデのアクセントとなり、重たい印象を払拭しています。

まとめ髪にベレー帽を合わせたコンパクトな顔周りに、大ぶりのサングラスをかけて小顔効果バツグン。ハンサムなイメージも着こなしのテイストにマッチしていますね♪




今季注目のメタリックカラーで、脱・無難コーデ



一見ありがちなコーデに見えますが、メタリックバイカラーのカーディガンがさりげなく個性的。トレンドではあるものの、アクの強さから敬遠されがちなメタリックも、モノトーンコーデに取り入れればトライしやすいですね。

着こなし自体も洗練されて、脱・無難コーデに仕上がるのも嬉しいポイント♪





モノトーンなのに温かみを感じる、ナチュラルコーデ



無機質なモノトーンの着こなしは、冷たい印象を与えてしまう場合も。そんなときはファーなど素材の持つ温かみを利用して、コーディネートにナチュラル感や優しさをプラスしましょう。

持ち手がファーになったかごバッグは今年のトレンド。コロンと丸いフォルムも着こなしを柔らかく見せてくれていますね。



#CBK magazine

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

Recommended by

最新記事はここでチェック!

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。